前へ
次へ

葬儀マナーとはいったいなんでしょうか

葬儀に出席するためには服装や持ち物に関するマナーがたくさんあります。
それらのマナーは葬儀マナーと称されています。
葬儀マナーを守って、天国に召された故人を偲び、故人の家族に悲しい思いをさせないようにしなければなりません。
そのためには喪服の選択も重要ですが、ハンカチなどの持ち物の選択もとても重要となります。
葬儀で持っていく持ち物として一番重要なのはハンカチではないでしょうか。
それは何故なのでしょうか。
葬儀の席では、当たり前ですが、涙を流すことが多いです。
普段は絶対に涙を流さないような人でも、葬儀の席だけが特別です。
ポロポロと大粒の涙をこぼすことがよくあります。
こんな時に持っていくべきハンカチの材質を間違ってしまったらどうでしょうか。
涙を拭っても、それがさっぱり拭いきれないことになってしまうのではないでしょうか。
葬儀マナーに照らし合わせると、葬儀に持参するハンカチの色は白か黒で、柄は無地です。
そしてその素材はコットンがベストです。
理由は涙をいっぱい吸収できるからです。

Page Top