前へ
次へ

日本の葬儀マナーは世界に誇れます

日本の葬儀マナーは世界に誇れるような思いやりのある優しいマナーです。
葬儀マナーのしきたりに従って、生前に、故人の遺影写真を選んでおくのも、大切なお仕事ではないでしょうか。
故人が天国に召された後では、家族も心が動揺してしまって、遺影写真をゆっくり選んでいるような余裕はありません。
それよりも家族の大切な一人をなくしたショックで、寝込んでしまうかもしれません。
そういうことにならないように、葬儀マナーに従って、生前に、遺影写真を選別しておくのです。
この感覚は、生前墓地を作る感覚と全く同じです。
生前に遺影写真を選別しておいたとしても、それはなんら葬儀マナーに反するものではありません。
それどころか、突然の不幸の際に、家族の負担をやわらげてくれるような優しい配慮なのです。
こんなところにも日本人の優しい心を発見する思いです。
遺影写真の選別というのは、葬儀の第一歩と申し上げて過言ではありません。
とても大切なお仕事です。

Page Top