前へ
次へ

葬儀マナーに照らし合わせて遺影写真を選別

日本には古来から葬儀マナーという素晴らしいしきたりがあります。
家族の一員がある日突然天国に召されたとしたらどうでしょうか。
家族は悲しみのあまり落胆し、しばらくは家の中に閉じこもってしまうのではないでしょうか。
突然家族の一員をなくすと、大抵数日はショック状態に陥り、仕事もできないような状態になります。
それでも、亡くなった故人を安らかに天国に送り出すための準備をしなければなりません。
葬儀マナーに照らし合わせて、質素でも亡くなった故人が喜んで天国に行けるように準備をしてあげたいものです。
その第一段階が、遺影写真を選ぶということではないでしょうか。
その人らしい一枚の写真を選んであげることが、何よりも亡くなった故人に対するはなむけとなります。
今はたくさんの写真に恵まれていますから、その中から、短期間のうちに、亡くなった故人にふさわしい遺影写真を選ぶことも可能です。
葬儀マナーに照らし合わせて、遺影写真を選別する場合ですが、別に正装でなくても構わないと思います。
故人を偲ぶのに最適な一枚を選んであげましょう。

Page Top