前へ
次へ

日本では葬儀マナーが重視されています

大学を出て就職したばかりの新入社員でも、ある日突然葬儀に出席する場合があります。
そんな場合でも、若いからと言って、葬儀マナー違反が許されるものでもありません。
それだけ日本では葬儀マナーが重視されています。
一番大切なのは葬儀の際に着用する服装ではないでしょうか。
葬儀に出席する場合は、男性は、ブラックのフォーマルで決まりです。
白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下と靴というのが葬儀に出席する際の基本的なスタイルとなります。
この中で難しいのがネクタイです。
葬儀に出席する際には、ネクタイは光沢のない黒色の無地のネクタイを選ぶのがベストです。
そして白のワイシャツの襟形なんですが、レギュラーワイドのシンプルなデザインがおすすめです。
黒無地のネクタイは普段は使うことはあまりありませんが、一本揃えておけば、急な葬儀の場合に、すぐに対応できるのでとても便利です。
若い人たちでも、会社で働くようになれば、黒のネクタイは必要な品物の一つではないでしょうか。

Page Top